CMで商品名が出せない医薬品

ジェネリック医薬品とは、後発医薬品とも呼ばれ、特許が切れた新薬(先発医薬品)を、他社が新薬と同じ成分・同じ効能で、製造・販売した価格の安い薬のことです。
そもそも「ジェネリック」とは、「一般的な」という意味であり、ゆえに、ジェネリック医薬品とは、一般的に広く使用され、効能や安全性が確立された医薬品という意味になります。

最近では、テレビのCMで流れたり、メディアでも特集されたりしているので、ジェネリック医薬品という商品名は広く知られるようになりました。
しかし、クリニックによっては、ジェネリックは出せない方針であるというところも存在します。
基本的には、後発医薬品は処方しないという医療機関も少なくないのが現状です。

ジェネリック医薬品製造メーカーの中には、安易に製造・販売を中止するところも存在し、販売ルートや配送体制上、緊急時に対応できないところもあります。
また、先発の薬とは適応症が異なる場合があります。
これは、先発の中には、後から適応症が追加承認されたものもあり、その適応症に関しては、まだ特許期間中であるためです。
以上のような理由などから、ジェネリックを出せないクリニックが存在します。
新薬と同じ効果であることが前提となりますが、ジェネリックのメリットは、患者の経済的負担が軽くなるということに尽きます。