新薬のレビトラは中国漢方薬よりも効く

男性は加齢以外にも、ストレスや疲労が原因で勃起不全の症状が起きやすいですが、まだ初期の場合は精力剤や中国漢方薬を飲むと、機能が回復することがあります。
精力剤や中国漢方薬はドラッグストアでも買えますし、インターネット通販を利用しても、簡単に入手することが出来ます。
ただし外国産のものは、日本人の体に合わない可能性があるので、出来ることなら国産の中から選んだ方がよいでしょう。
それでも効果がない場合は、ED治療薬を服用すれば、悩みを解消できるはずです。

ファイザー株式会社から発売され、1999年に認可されたバイアグラが世に出たときは、男性にとっては夢の新薬とも呼ばれましたが、バイエル薬品株式会社のレビトラは、それに次ぐ2番目のED治療薬になります。
2004年に正式に日本で認可されたため、バイアグラよりも新薬ということになりますが、即効性があり、食事の影響も受けにくいのが特徴です。
そのうえレビトラは副作用も少ないうえに、長く作用しますから、服用から15~30分ほどで効き始め、10mgなら4~5時間、20mgなら8~10時間ほどは効果が持続します。
2007年に日本で認可されたED治療薬といえば、日本新薬株式会社のシアリスですが、この薬も食事の影響を受けにくいので、空腹時に飲む必要はありません。
10mgなら20~24時間、20mgなら30~36時間は効果が続き、じわじわと作用するタイプなので、用途によって使い分けるとよいでしょう。
バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬の方が、精力剤や中国漢方薬よりも効果が高いので、欲しいときは病院で処方してもらうようにしてください。
病院へ行かずに、自宅で入手したい場合は、個人輸入代行通販に注文するとよいでしょう。