レビトラでストレスのない夜を

勃起不全で悩む人も多く、ED治療薬でその悩みを解決している人もいます。
ED治療薬としては、バイアグラが最初に販売されて、病気に悩む多くの人たちからの支持を得ました。
その様な中で、次第に薬の持続性も改良され、次に販売されたのがレビトラです。
レビトラの特徴としては、その持続性が長い事があげられます。
レビトラは、10mgと20mgの錠剤で販売されていますが、効果としては、10mgのもので4、5時間の効果、20mgのもので8時間から10時間の効果があるとされています。

 勃起不全は身体的な事が起因している場合もありますが、心理的なストレスで勃起できないケースも多くあります。
持続効果の高いED治療薬を利用する事で、この様な心理的なストレスが軽減される可能性も高くなります。
持続効果の高いED治療薬レビトラを使用する事で、ストレスのない夜を実現する事ができる様になります。

 標準的な食事の制限は受けない、とされていますが、効果としては空腹時に服用した方が効果が高いという声も多く出ています。
より効果を実感したい人は、空腹時の服用をお奨めします。
アルコールの大量摂取なども避ける様にしてください。
薬の効果が薄れてしまいますし、血管を拡張する特性もあるので、人によってはアルコール摂取で副作用を導き出してしまう事も考えられます。
アルコールを無理して摂取するよりも、レビトラの効果を信じてストレスのない夜を実現してください。

 バイアグラなど他のED治療薬と同じ様に、レビトラにも副作用はあります。
ほてりや頭痛、目の充血、めまい、鼻づまりなどがありますが、暫くするとその症状も治まります。
また、心臓病や高血圧などの持病がある人は服用を避ける必要があります。
どうしても利用したい場合には、医師の診断のもとに服用する様にしてください。